=上からの信望・下からの人望=

 

lgp01a201403100600商店の場合、丁稚→手代→番頭・・といった具合に序列がありました。

手代は、勤続10年前後の今でいう中間管理職。

この中間管理職の心得として大事なことがこの言葉!

上司から見ると、多少難しい問題が生じても十分こなせるだろうと安心して任せられる信望(しんぼう)。

部下から見ると、この人が言うなら、やることならついていく!と思われる人望(じんぼう)が必要という意味。

世の中、結局は人柄が仕事の成果を決めます。